社員紹介(クロスメディア事業部 デザイン課 K.Y)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

デザイン課 システムエンジニア
K.Y

10:00 出社&メールチェック
出社してメールをチェックし、その日のスケジュールを確認します。
10:30 Webサイト定期更新
既に稼働中のWebサービスの更新作業を行います。更新の頻度は月に一度や半年に一度など様々です。
11:30 業務打ち合わせ
今後新たに取り掛かる業務の打ち合わせをします。ディレクターとすり合わせをし、不明点がないようにします。
13:00 休憩
お昼休みです。作業のキリが悪い時は時間をずらします。近所にお店が多いので外食をしたり、持参したお弁当を食べたりします。
14:00 Webアプリケーション開発
できるだけ予定より前倒しでWebアプリケーションの開発を進めるようにします。使用する言語は主にPHPで行っています。
17:00 Webアプリケーション修正対応
お客様からアプリケーションの修正依頼をいただいた場合は対応します。至急の案件は優先的に行います。
19:00 退社
翌日の業務内容を確認し、机の上を整頓してから退社します。家に帰ってからは趣味のゲームでリフレッシュ!

あなたの担当している仕事を教えてください。

Webサービスのシステム側の開発を主に行っています。具体的な内容はお問い合わせフォームの作成や動的なWebページの処理の実装などです。デザイナーが作成したページにシステムを組み込むところまで行います。また、ARやVRを使ったUnityの開発にも携わっています。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

質問や意見交換などが自由にできる環境が整っていると思います。「もっとこうしたらより良いサービスになるんじゃないか」といったアイディアや改善点があったらどんどん提案できます。細かい上下関係などもなく、明るく居心地のいい職場です。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

チームで作ったコンテンツがリリースされ、それを利用されたお客様の反応が返ってきたときに最もやりがいを感じます。応募フォームなどは利用される方の声を直接受け取ることができるので、「役に立ててよかった」と感じました。自分で捻り出した案に対していただく評価もモチベーションアップに繋がります。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

ポケモン映画のスタッフロールに自分の名前が出た時は感動しました。ポケモンは僕が小学校の頃からゲームやアニメに触れてきた作品でしたのでとても嬉しかったです。大人気コンテンツの制作に関わっていることを実感しました。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

ここ数年の技術の進化は凄まじいです。時代の流れについていくことはもちろん、常に先読みをしていかなければなりません。そのために日々様々な物事に目を光らせ、興味の幅を広げていく。そして培われた知識・経験をサービスに活かしていきたいです。

  • ポケモン映画公式サイト
  • ドラゼミ
  • ドラキッズ
  • 小学館アカデミー
  • おはスタ
  • 他…
社員インタビュー一覧に戻る

ページトップへ