社員紹介(映像事業本部 制作部 A.S)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

映像事業本部 制作部
CGデザイナー
A.S

10:00 出社
計画表を元に今日やるべき作業内容を確認して、今日1日の作業量の目標を立てたら、仕事開始です。
10:15 定例ミーティング
週に1回、チームでの定例ミーティングを実施します。
ミーティングでは、チーム内で活発に意見交換をします。それによって、改善点やアイディアが生まれています。
11:00 モデリング・コンポジット作業
シルバニアファミリーのカット制作をします。
集中して仕事に取り組みます。
13:00 昼食
自分の作業の切りが良いところでランチタイムです。
神保町は学生・オフィス街なので 食べるところは沢山あります。
忙しいときは、デスクで食べることもあります。
14:00 モデリング・コンポジット作業
引き続き、カット制作を行います。
16:00 作業チェック
これまで制作したカットをチームリーダーに確認してもらい、
修正箇所を指摘してもらいます。
また、新人さんの作業のチェックバックも行います。
18:00 修正作業
チェックバック後、修正作業を行います。
厳しい指摘があるときは、一瞬へこむこともありますが、次の作業の時は、もっと上手にできるようにと頑張る糧になります。
19:00 夕食
本日のタスクが残っている場合は、夕ご飯を食べます。ご飯を食べたらまた作業をします。
目標を達成したら退社します。また明日も頑張ります!

あなたの担当している仕事を教えてください。

シルバニアファミリーのCG制作で、登場する動物たちのキャラクターモデリングやコンポジット作業を中心に、幅広く作品に携わっています。
まかされている分量が多い分、やり甲斐もあります。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

シルバニアファミリーのチームは、真剣に作品と向き合うチームです。
年齢や立場関係なく、意見交換ができ、いいチームだと実感しています。
先日、シルバニアファミリーのチームでバーベキューを開催しました。
チーム一丸となってバーベキューをすることにより結束が強まったり、仕事では見られない一面を垣間見て信頼が深まったりしました。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

自分が携わった作品がテレビやネットで放送されて、SNS等でいい反響があったり
クライアントの方から、「綺麗な映像ですね!」と直接お褒めの言葉をいただいたりしたときにやり甲斐を感じます。
作業中、大変だった思いも報われます。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

シルバニアファミリーのプロジェクトで、初めて長編フルの3DCGアニメの制作に関わったことです。
これまでは、ひとつの作品でモデリング・アニメーション・コンポジットまで全体を通して関わることはなかったのですが、シルバニアファミリーで様々な業務を担当しました。
この経験によって、CG制作において視野が広がり、大変ながらもスキルアップにつながったと思います。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

アニメーション、モデリング等のスキルアップを今後も図っていくのと同時に、今年度より後輩を教える立場になったので、後輩の指導にも力を入れていきたいです。
これまで、先輩に教えてもらった知識やスキルを後輩に伝えることにより、チームの組織力の強化につながるように努めたいです。
中堅社員として、チームを牽引できるような存在になりたいです。

  • おはスタ
  • シルバニアファミリー
社員インタビュー一覧に戻る次の社員インタビューをみる

ページトップへ